2012年11月17日

第46週トレまとめ

第46週(11月11日〜11月17日)のトレまとめ

◎11月11日
【朝練】
・3本ローラと不動峠1本
【3本ローラ@女神様】
・60min@L2-3

◎11月12日
【3本ローラ@女神様】
・30min@L2-3
・10min@SST
・10min@SST

◎11月13日
【朝3本ローラ@女神様】
・60min@L2

◎11月14日
【3本ローラ@女神様】
・90min@L2-3

◎11月15日
【平日練with池田センセ,ゲンク,サト君】
・ベース走@土練コース2周

◎11月16日
【3本ローラ@女神様】
・90min@L2-3

◎11月17日
【3本ローラ@女神様】
・3h@L2-3


走行時間:14:38:12
走行距離 (km):612
エネルギー (kJ):9777
Total BikeScore:749
posted by hiropon at 20:32| 茨城 ☔| Comment(0) | 週間総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

第45週トレまとめ

第45週(11月04日〜11月10日)のトレまとめ

◎11月04日
【お一人サマ練】
・真壁〜筑西〜小貝川CR

◎11月05日
【3本ローラ@女神様】
・30min@L2-3

◎11月06日
【3本ローラ@女神様】
・15min@SST

◎11月07日
【朝3本ローラ@パナ雄さん】
・2h@L2
【3本ローラ@女神様】
・2.5h@L2

◎11月08日
【3本ローラ@女神様】
・60min@L2-3
・10min@SST
・15min@SST

◎11月09日
【3本ローラ@女神様】
・30min@L2-3
・10min@SST

◎11月10日
【3本ローラ@女神様】
・60min@L2-3
・10min@SST
・15min@SST


走行時間:15:16:39
走行距離 (km):600.8
エネルギー (kJ):7959
Total BikeScore:508
posted by hiropon at 22:03| 茨城 ☁| Comment(0) | 週間総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

2012シーズンまとめ

先月のジャパンカップで今シーズンのレースが終了したのでまとめてみる.


<実業団>
04.21:実業団 群馬CSCロードday-1(6km*6周) E3クラスタ,75位(出走165名,完走144名)
06.24:実業団 東日本ロードクラシック@群馬CSC(6km*6周) E3クラスタ,37位(出走167名,完走134名)
<個人戦>
04.22:群馬CSCグランプリ(6km*17周) 30-39歳の部,4位入賞
05.05:Run and Bike in MOTEGI 4hソロエンデューロ 総合・クラス11位
06.10:JCRC第4戦@日本CSC(5km*3周) X1クラス,2位/31人
09.23:第60回秩父宮杯埼玉県自転車道路競走大会(パレード+3周半:42.9km) 市民A,21位/48人,出走74名
10.20:ジャパンカップ オープンレース,DNF
<チーム耐久>
05.03:筑波春の8耐 RM,総合10位,クラス7位
07.15:筑波秋の8耐 RM,総合6位,クラス6位,シリーズ戦2位
10.07:筑波秋の8耐 P4,総合7位,クラス3位,シリーズ戦2位


実業団は日程・開催場所の都合上2レースしか出れなかったが,E3で十分に走れることがわかった.
あとは着に絡む走りができるようにしていくだけ.
また秩父宮杯・ジャパンカップでは自分のレベルを知ることができた.
マスドレースよりもエンデューロレースの方がどちらかというと好きなのかも.
ただ,エンデューロレースも最後まで先頭集団に残るという走り方が中心で逃げを打つとかはできないが.
ここらへんがまだまだ改善の余地がありそう.

今年は実業団のエクストリームつくばに加入したことが一番大きかった.
自転車への取り組み方が大きく変わった.
まず,練習の絶対量の増加.
ここらへんは実業団だけではなく1000kmクラブの影響も大きいか.
月1000kmというのが今はさほど苦にならない.
実走だけでなく3本ローラでの練習が大半ではあるが,シーズン通してSSTやL5を行ったのは2月後半から4月くらいまででその他はほぼL2-3辺りのベース走.
シーズンを通してFTP向上を目標にというより,トレーニングボリュームを確保して乗り込んだ感じ.
乗り込んだことで8耐などのエンデューロ系レースではかなり走れるようになったと思う.
だけど,実業団レースや秩父宮杯,ジャパンカップなどでもっと走れるようになるためにはトレーニングボリュームの確保だけでは足りない.

この冬はSST・L5ワークを取りいれていこうと思う.
日本の夏場のような高温多湿の環境下では高負荷のトレーニングはカラダに悪影響を及ぼしかねない.
むしろオフ期のような寒い時期にこそ,高負荷トレーニングをしていきやすい環境だと思う.
故障に対するケアがこれまで以上に大事となってくる.
もちろん基本となるLSDも従来通りやっていく方向.
ベースがある上で高負荷が成り立つわけで.

そんなこんなで,現在オフトレ進行中.

posted by hiropon at 23:12| 茨城 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第44週トレまとめ

第44週(10月28日〜11月03日)のトレまとめ

◎10月28日
【健康まつり前の朝練withゲンク・ぐっさん】
・土練コース2周
【健康まつり後の3本ローラ@女神様】
・60min@L2-3

◎10月29日
【トレなし】

◎10月30日
【3本ローラ@女神様】
・50min@L2-3
・10min@L4

◎10月31日
【朝3本ローラ@女神様】
・60min@L2

◎11月01日
【3本ローラ@女神様】
・10min@L4

◎11月02日
【朝3本ローラ@女神様】
・3h@L2-3

◎11月03日
【クロ練】
・真壁〜岩瀬〜益子〜那須烏山〜茂木〜笠間〜岩瀬〜真壁


走行時間:16:30:45
走行距離 (km):601.8
エネルギー (kJ):10206
Total BikeScore:764

posted by hiropon at 22:25| 茨城 ☀| Comment(0) | 週間総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012.10まとめ

2012年10月のトレまとめ

練習時間:51:10:20
走行距離:1884.8km
獲得標高:3405m
Total BikeScore:2292
総エネルギー:30962

実走:5回
通勤:2日
ローラ練:17回
レース・イベント:2日


ジャパンカップを終えて,今シーズンのレースは終了.
来シーズンに向けたオフトレ開始.



posted by hiropon at 22:25| 茨城 ☀| Comment(0) | 月間総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第43週トレまとめ

第43週(10月21日〜10月27日)のトレまとめ

◎10月21日
【Hi-Bikeライド】
・守谷SAスタバ往復

◎10月22日
【3本ローラ@女神様】
・25min@L2-3

◎10月23日
【トレなし】

◎10月24日
【3本ローラ@女神様】
・80min@L2
・10min@SST

◎10月25日
【3本ローラ@女神様】
・80min@L2
・10min@SST

◎10月26日
【お一人サマ練】
・不動峠〜フルーツライン〜岩瀬〜筑西〜小貝川CR〜筑波〜りんりん

◎10月27日
【トレなし】


走行時間:13:45:24
走行距離 (km):435.3
エネルギー (kJ):7783
Total BikeScore:542
posted by hiropon at 22:16| 茨城 ☀| Comment(0) | 週間総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第42週トレまとめ

第42週(10月14日〜10月20日)のトレまとめ

◎10月14日
【お一人サマ練】
・不動〜フルーツライン〜岩瀬〜下妻

◎10月15日
【3本ローラ@女神様】
・15min@L2-3
・30secもがき+30sec rest*10

◎10月16日
【通勤ライド】

◎10月17日
【3本ローラ@女神様】
・60min@L2-3

◎10月18日
【トレなし】

◎10月19日
【固定ローラ@女神様】
・60min@L2

◎10月20日
【ジャパンカップ】
・オープンレース DNF(5周終了時タイムアウト)


走行時間:11:33:27
走行距離 (km):380.7
エネルギー (kJ):7017
Total BikeScore:554
posted by hiropon at 22:15| 茨城 ☀| Comment(0) | 週間総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

ジャパンカップ

10月20日,宇都宮森林公園で開催されたジャパンカップのオープンレースに参戦してきた.

ジャパンカップはUCI(国際自転車競技連合)がの定めた世界5大陸ツアーのうち,アジアツアーで超級カテゴリーとなるオークラス(Hour Class=HC)と認定されている.
なので,ツール・ド・フランスと同じように世界最高クラスのレースという意味を持つ.
また,アジアではオークラスのワンデイレースはジャパンカップのみ.

そんな,プロツアーを走る選手が走る大会が10月21日に開催され,その前日には一般参加のチャレンジレースとオープンレースが開催される.

チャレンジレースは14.1km*1周+10.3km*1周の24.4km.
オープンレースは14.1km*5周+10.3km*1周の80.8km.

チャレンジレースは比較的敷居の低いレース.
オープンレースは実業団のトップレベルの選手が多数参加し,タイムアウトによる足切りもあるハイレベルなレース.
タイムアウト確実ではあるが,自分の現在地を知るためにもオープンレースにエントリ.


【リザルト】
5周回終了時,タイムアウトによりDNF.
出走121名,完走22名,FAD36名,DNF63名.


【レース前日〜レース開始まで】
オープンレースは前日受付ではあったが,受付を上野くんにお願い.
午前中にローラした後に洗車して明日の準備をしようと思って部室に行ったはいいが,G様を持ってきていないことに気づく.
準備万端かとおもいきや,出鼻をくじかれた感じ.
サイコンなしでローラは自分的にちょっと…なので,ひとまず洗車して帰ることに.
そしたら,今度は帰り途中にシューズを部室に置き忘れたことに気づく.
もう最悪.
結局,再度部室に赴いてシューズを取りに行き,午後に1時間くらいローラして当日を迎えることに...

3:30起床し,出発に向けて準備をすすめる.
レースは11:05スタートなので時間はたっぷりあるが,早めに現地に行っておきたいこともあり5:00に出発.
常磐道〜北関東道を経由して7:00前には会場周辺の駐車場に到着.

朝食を食べながら,レースの準備をしたり3本ローラで軽く回したりなんだりしているとチャレンジレースに出る伊藤さんと代田さんが到着.
チャレンジレースは当日受付なので一緒に会場に向かう.
自分は前日受付をした上野くんからゼッケンやらプレートやらを受け取らねばならない.
会場で合流し,受付セットを受け取る.
初めてドーピングコントロールの用紙を記入した.
一旦,駐車場に戻ってレースウェアに着替え,ゲンクのいる駐車場に向かって実走で軽めにアップ.
一足先に会場に向かって歩いて移動しているゲンクの嫁さんに手荷物を預けて,会場に到着.
しまった,預けた手荷物にドーピングコントロール用紙入れたまんまだった.
結局,再度引き返して用紙を持って会場入りして出走サインを終える.
そして,気づく.
日焼け止めを塗っていないことに.
なんか,昨日から散々な感じ.
ちょっとヤな予感がする.


【レース機材】
フレーム:Avedio VenusSL
コンポ:6770+7900
クランク:Cinqo S975 53*39
カセット:12-25
ホイール:Furclum Racing Speed
タイヤ:Vittoria open corsa evo(8.0気圧ちょい)
サイコン:garmin edge500
補給:CCDドリンク1本,真水1本、メイタンCCCゴールド2つ


【レース】
レースはU-23とそれ以外の2クラスに分けられた.
11:05に自分ら,11:07にU-23がスタート.

ルールとして先頭から15分遅れでタイムアウト(DNF:Did Not Finished),ゴールしてもトップタイムの5%以内に入っていないと完走扱いにならない5%ルール(FAD:Finishing After Deadline)というものがある.
なのでタイムアウトせずにゴールできたからといってすぐに喜べるものではなく,5%ルールをクリアして初めて完走となる.
完走すると翌年の全日本選手権に参加できるのでこれくらいのシビアさは必要.

自分はというと,タイムアウトは確実なので何周できるかというのが第一の課題.
いいとこ2周くらいかなぁ,なんて思いつつ.
スタート前も緊張感は全くなく,エクストリームつくばからエントリしているゲンク・上野くんと一緒にほぼ最後尾.

コース・プロフィールはこんな感じ.
map_birds_eye01.gif  map_section01.gif

スタート直後に古賀志林道という1kmで9.1%くらいの上って,一気に下って,微妙なアップダウン区間を抜けた後に鶴CCでクイっと上り,再度下ってスタート/ゴール地点に戻るというコース.
厳しい上り・テクニカルな下り・微妙なアップダウンと超絶厳しいコース.
最終周回は鶴CCの上りを省いた短縮コースとなる.

11:05レーススタート.
1周目.
開始早々ペースが速い.古賀志林道前の赤川ダムから脚がキツい.
実業団トップレベルってこんなか.
古賀志では当たり前だがやっぱり遅れる.
けっこう踏んでるつもりなんだがね.
ゲンクとも差が開く.上野くんは自分より後ろにいる.
ぐむぅって感じで上りきり,そのまま下りに入る.
ペース超速い.ブレーキングがわからず,カラダが前のめりになることも.アブねぇ.
目の前のライダーがコントロールミスで路肩に突っ込んで前転する現場を目撃.
うぇぇ怖すぎる.
下りきったゴルフ場で全開で追走するが12Tでは回しきってしまう.
それでも集団を捉えることができずに田野の交差点手前から単独走となる.
ここまで水分補給する暇もない.
しかし,ここで休んでる暇もない.
このまま単独走続けるの?
ありえない.
って色々考えながら走っていると鶴CCへの入り口あたりで上野くんがいる集団に追いつかれ,そこからその集団で走る.
やっと少し休める.
鶴CCの上りでは2分遅れでスタートしたU-23の先頭集団にあっさりパスされる.
その中にはコダマ君の姿も.
2周目.
同じ集団で走り続けて田野の交差点過ぎでゲンクを吸収.
集団内にエクストリームつくばの3人がみんな入った.
これは心強い.
が,意地でも切れられない状態.
ローテにもちょいちょい参加するようになる.
3周目.
タイムアウトせずにスタート地点を抜けた.
もうしんどい.なんとか同じ集団で走り続ける.
古賀志と鶴ではやや遅れ,下りでも離されるが,その後の田野の交差点までに集団復帰って感じ.
途中途中でゲンクとキツいねーなんて声かけながら.
4周目.
古賀志もなんとかかんとか.平坦区間はコーナー後の立ち上がり以外はそれほどでもなく.
鶴の上りで上野くんがいいペースで上ってる.
鶴にいた観客から『先頭とのタイム差4分』との声を聞いて最後までいけんじゃんと嬉しくもあり,苦しくもあり.
5周目.
赤川ダムあたりで『先頭と11分』との声.あぁ,さっきの4分は違ったんだ.
古賀志に入る手前で上野くんの姿が見えなくなる.ピークまで300mくらいの所でゲンクをパスするが,ピーク手前で抜き返される.ゲンク⇒◯◯ーマンさん⇒自分という並びで下り始める.
下りの半分辺りでゲンクが後輪をロックさせてしまったらしく,跳ねてしまう.
なんとか復帰したが,しばらくして再度ロックしたかなんかで落車してしまう.
◯◯ーマンさんはなんとか回避.
自分も落車を回避できたが,目の前で仲間の落車を見て残りの下りがかなりビビリ始める.
集団後方で下りを終えて,田野の交差点前で集団復帰.
もうこの集団にはエクストリームつくばは自分しか残ってない.
鶴の上りで集団からやや遅れ,下りきった所でタイムアウト宣告されてレース終了.

初のジャパンカップオープンレースが終わった.
足切りにあって,最終周回を回れないことに半ばホッとしたと同時に悔しくなった.

足切り後まもなく先頭がゴールラインへ.
自分が70km走っている間にトップは80km走ってる.
差がありすぎる.


【レース後】
足切り後,すぐにゲンクと会えたのでケガの様子を聞く.
落車の瞬間を見た感じでは頭を打っていたように見えたが,頭は大丈夫とのことで擦過傷のみで済んだ様子.
まー血まみれだったけど.
痛々しい姿だったけど,大事に至らずに一安心.

チップ返却して,参加賞のりんごをもらって駐車場に戻って上野くんとつくばっく.
16:00すぎには戻ってこれた.


【レースを終えて】
5周回できたのは驚いた.
早く足切りされて楽になりたいという気持ちと走り続けたいというアンビバレンスな感情が入り交じってて,レース中の精神状況がおかしかった気がする.
少しでも走り続けたいという思いを強くしていかないと.
この1年を通して走る力はついてきたと思う.
ただ,実業団レースや秩父宮杯,ジャパンカップオープンで走るにはまだまだ足りない.
今シーズンのレースはこれで終わり.
次のレベルに進めるようオフトレしていこう.
posted by hiropon at 20:57| 茨城 ☀| Comment(2) | レース・イベント関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

第41週トレまとめ

第41週(10月7日〜10月13日)のトレまとめ

◎10月07日
【筑波秋の8耐】
・総合8位,クラス3位(P4),シリーズ戦2位

◎10月08日
【リカバリーライド】
・つつじヶ丘往復

◎10月09日
【トレなし】

◎10月10日
【トレなし】

◎10月11日
【3本ローラ@女神様】
・90min@L2-3

◎10月12日
【3本ローラ@女神様】
・90min@L2-3

◎10月13日
【3本ローラ@女神様】
・150min@L2-3


走行時間:13:03:16
走行距離 (km):525.2
エネルギー (kJ):8377
Total BikeScore:627

なんだかボリュームのみ.
来週は今シーズン最後のレースのジャパンカップ.
オープンなので非常に厳しいわけだが,走り出す前からこんなメンタリティじゃいかん.
猛省中.
posted by hiropon at 21:22| 茨城 ☁| Comment(0) | 週間総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

筑波秋の8耐

10月7日,筑波サーキットで開催された筑波秋の8時間耐久レースに参戦してきた.
春・夏・秋のシリーズ戦のうち3戦目.

6日くらいまでは天気予報で晴だったのに,まさかの雨.
中盤以降からようやく雨も上がって,晴れ間も見えた.
今シーズンは雨レースが多い気がする.

我が牛久愛和総合病院自転車競技部からは3チームがエントリし,
・チームあんこう(P4):総合7位,クラス3位
・チームシャーク(P5):クラス7位
・チーム東京女子医(P4):クラス9位

とエントリした全チームが入賞!
やったね!!

以下にレポを.


【起床〜レース開始】
3:30起床,準備を進める.
いつもは集合時間の2時間前と決めているのだが,なぜか1時間半前に目覚ましをセットしていた.
荷造りも大方済んでいたので大慌てすることはなかったが.
というより,外はしっかり雨.
予報では6時以降から曇りになるようなのでレースは濡れずに走れるか.

5:00病院集合し,会場に出発.
大会救護班なので会場入りはスムーズ.
警備員の『愛和病院さんですね,お話は伺ってます』という声かけにやや感動.
んー,VIP扱い.
定位置にテントを張って設営を進める.
と同時にゲートオープンしたようで,参加者たちがなだれ込んでくる.
今日はゲートオープンからレーススタートまで時間が短いというのもあるが,会場入りするのがやや遅くなっている感あり.
予定通り病院を出発できることはまずないことだし…もう少し早めに集合してもいいのかな.

雨は止む気配がないので,試走はなし.
3本ローラで30分ほど回してカラダを暖める.


【レース機材】
フレーム:Avedio VenusSL
コンポ:6770+7900
クランク:cinqo S975 53*39
ホイール:easton 90SLX(11-23),Fulcrum Racing Speed(11-21)
サイコン:Garmin Edge500

最終戦だしディープでいきたかったが,雨だし,去年の落車があるのでひとまずローハイトのeastonでいくことに.


【レース】
9:00レース開始.

我が牛久愛和総合病院自転車競技部からは3チームがエントリ.
・チームあんこう(P4):ゼッケン114;ゲンク,康ちゃん,池田センセ,ヒロポン
・チームシャーク(P5):ゼッケン113?;サワサワ,盛田センセ,オゴさん,ショウタさん,ハギハギセンセ
・チーム東京女子医(P4):ゼッケン112?;山ちゃんセンセ,藤田センセ,木山センセ,近藤センセ

チームシャークはサト君予定だったが,参加できなくなってしまったためハギハギセンセにライダー変更.
ハギハギセンセは救護医でもあるので,実質的には4人で回す感じ.
部長・植田姉さんがピットとして各チームの戦略を立ててくれた.
さらに救護班は松下さんとエダさんが愛和のオアシスを提供してくれた(ほんとにいつもありがとうございます).

スターターはショウタさん,近藤センセ,ヒロポン.
第1走は15周予定.
周りの上位常連チームの動向に合わせて周回数を自在にという感じ.
そして,3チーム同時ピットが目的.
しかし,今回は心強い味方がいる.
それはHi-Bikeチーム.
Hi-Bikeからは5チーム出していて,そのうち2チームは総合上位に絡む力を持っている.
その2チームのスターターの店長と上野くんと申し合わせをして共闘することに.

うちらは110番台,Hi-Bikeは40番前後.
まずはスタート直後のガチャガチャに巻き込まれることなく,番手を上げて店長たちと合流し,先頭集団に入ることが第一.
ル・マン方式でコース右側よりスタート.
前に抜けるラインが見えたので,ホイホイと踏み込んで番手を上げる.
ホームストレート過ぎの登りを終えた所で店長たちと並び,第1ヘアピン手前で先頭集団に入る.
あとは淡々と走るだけ.
雨はしっかり降っているので,路面・周囲の状況にアンテナを張りつつ走る.
序盤は集団中程に潜んでいたが,先頭集団の走力の差と技術の差,ヘアピン立ち上がり後のインターバルでの負担を減らすために前方にシフト.
しばらくヌクヌクと走って,9周目あたりでタイミングを見て先頭に出て牽いてみる.
1周くらい先頭を牽いて楽しんで後方に退く.
その後,ブランシュ2チームの逃げ(ピットインアタック)を集団はあっさり容認.
残りの周回も前目で走ってショウタさん・近藤センセ・店長・上野くんと共にピットイン.
まぁまぁな感じだったかな.

チームあんこうは浅岡⇒康ちゃん⇒ゲンク⇒池田センセの順でローテ.
しかし,康ちゃんは1週間くらい前から風邪を引いていた様子.
前を走る集団の追走で体調が悪化し,4周くらいでピットイン.

池田センセも第1走で第1ヘアピンでスリップして落車.
擦過傷で済んだのが幸い.

はやくもチームあんこうに暗雲が立ち込める.
順位もかなり落としたであろう.
総合上位に絡むことは難しくなるか.


第2走.
予定周回は10周回.
康ちゃんもどうやら走れる状況になってきている様子.
池田センセも走ることはできる状態.
順位はよくわからないので,とりあえず走るだけ.
コースに出るが,めぼしい集団なし.
ひとまずは単独で前を追って,1周目のピット前でほどほどの集団に合流.
その後,4周目あたりで強豪インバスター・ブランシュの3名ほどの集団に吸収されて,一緒に回して走る.
4-5名ではあったが,強豪チームのライダーとほぼ同じ感覚で走れたのは収穫.


第3走.
予定周回は10周回.
昼過ぎからようやく雨が上がって,路面はほぼドライに.
どのチームかは覚えていないが,いいペースで走り続ける.
途中でショウタさんを拾って,少しずつ集団を大きくする.
が,先頭交代をするのは5名弱くらい.
やきもきしながら走っていると,8周目のダンロップ下でHi-Bikeの藤田選手が合流.
ついに,メダリストと一緒に走る時がきた.
もう興奮が止まらない.
しかし,一緒に走れるのは2周.
挨拶を交わしてローテをこなしておしまい.
2周だけだったけど,楽しかった.
いい時間を過ごせた.

少しずつ順位を上げて,この頃には総合10位あたりにいたらしい.


第4走.
予定周回は9周.
晴れて完全にドライになったので,Racing Speedに変更.
脚もけっこうキツくなっていたので,少しでも機材の恩恵を受けたい.
レースも終盤.
浅岡⇒ゲンク⇒康ちゃんとつないで,康ちゃんをアンカーに据える.
しかし,ピット回数が足りないので浅岡・ゲンクのどちらかがピットスルーをする必要が出てきた.
前走者の池田センセの後ろの集団は約2分後ろ.
1回のピットスルーでのタイムロスを計算しながら,出発直前まで考え,1周目でピットスルーをすることに決める.
いやー,ディープが良い感じ.
路面がドライなこともあり,コーナーも攻めることができるようになったのもあるが,ラクに走れてる.
予定通り,1周目でピットインし,ちょいと時間を置いてリスタート.
しかし,当初予定していた後ろの集団に吸収されることはなく,どこのチームかわからない数名で走りに走ってピットイン.


最終ライダーは康ちゃん,ショウタさん,木山センセ.
康ちゃんは第1走の体調不良はなんだったの?というくらいの怪走.
ショウタさんはスターター&アンカーの大活躍.
木山センセも康ちゃんと同じ集団で最後まで爽やかにアツい走り.
3チームともに,無事にフィニッシュ.


【レース後〜表彰式〜打ち上げ】
冒頭にも書いたように,
・チームあんこう(P4):総合7位,クラス3位,シリーズ戦2位
・チームシャーク(P5):クラス7位
・チーム東京女子医(P4):クラス9位

と全チームが表彰対象.
春・夏・秋のシリーズ戦も2位を守りぬくことができた.

全チーム表彰対象なので,表彰式ではしっかりはしゃいで終了.

帰りに珍来に寄って栄養補給して帰宅.


【レースを終えて】
・序盤はどうなることかと思ったが,着実にタイムを縮めて順位を上げることができた.集団とのタイミングもあるが,個々の走力が上がってきたことも確か.
・強豪チームのライダー数名と対等にローテをできるようになったのは収穫.もう少し速度域を上げられるようになるともっといいな.


最後に,
8時間通してピットでサポートし続けてくれた部長・植田姉さん,救護室でオアシスを提供してくれたハギハギセンセ・松下さん・エダさん,トラブルはあったものの8時間楽しく走ることができた愛和のメンバ,そして8時間戦った全チームのライダー,ありがとうございました.
posted by hiropon at 20:40| 茨城 ☁| Comment(2) | レース・イベント関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。