2012年07月09日

Quarq Cinqo装着

いろいろあったがひと通りそろったので、店長に組み付けをお願いした。

写真-8.jpg
SRAMのBB(GXP)

写真-6.jpg
S975クランクセット.
クランクは170mm,53*39.
ケイデンスマグネットは@フレームとBBに挟むタイプ,ABB下のケーブルガイドに挟むタイプ,Bパテを使ってフレームに貼り付けるタイプの3種.
チェーンリング内側にケイデンスセンサーが組み込まれているので,BB付近にマグネットを配置することになる.

写真-1.jpg
クランク・チェーンリング側:608g

写真-5.jpg
クランク・非チェーンリング側:180g

クランクで合計788g.
メーカー公表値では172.5mmで779gなのでやや重な感じ.

写真-4.jpg
フレームとBBに挟むマグネット:5g

写真-3.jpg
ケーブルガイドに挟むマグネット:3g

マグネットはフレームとBBに挟むタイプをチョイス.

写真-2.jpg
SRAM BB:107g

写真.jpg
スピードセンサー:17g

という感じで,
トータル917g(=608+180+5+107+17).


一方,取り外した6700クランクと7900BB,G様センサーはというと,
IMG_0017.jpg
6700クランク・チェーンリング側:502g

IMG_0015.jpg
6700クランク・非チェーンリング側:202g

IMG_0016.jpg
7900BB:89g

IMG_0014.jpg
G様センサー:25g

以上,トータル818g(=502+202+89+25).

なので,
99g(=917-818)の増量.

約100gの増量でpower表示されるようになるんだから,これまで使用していたpowertapとの重量差は歴然.


あとはサイコンであるG様とのペアリングとゼロオフセット.

ANT+なのであっさりペアリング完了.
ゼロオフセットはManualとAutoの2種類.
+/-500の値に入っていればよいらしく,値は-50前後と合格.
環境によっても値が変化するらしいので,練習前のゼロオフセットを習慣化する必要があるかな.
あとは,練習前後で値が50以上異なるようであることが続くなら,本社に問い合わせろ的な感じのようだが,1時間の3本ローラで10前後の差.
実走に出た時の値も気になるところだが,とりあえずは普通に使える状態になった.

これからの練習だけでなく,レースが楽しみになってきた.
まずはデータの蓄積から.
posted by hiropon at 19:57| 茨城 ☀| Comment(2) | パーツ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

hiropon,新しいpowermeterを買う

2009年5月にpowertapを導入して以来,powerが練習の指針となっていた.
が,6月8日に突如powerdataがG様に表示されなくなってしまった.
いつものように電池切れか…と電池交換.
しかし,powerdataは表示されないまま.
細かくいうと最初は出力があるが,どんどん低下していき,最終的にはどんなにもがいてもゼロとなる.
うーん,ついにPT逝ってしまった様子.
約3年間ではあったが,だいたいそんなもんなのだろうか.
かなりショック.
これからの練習でのよりどころがなくなってしまった.
船頭を失った船のように,海上,いや路上をさまよいながら練習をすることになるのか…

などと思ったりもしたが,くよくよ考えていてもはじまらないので次の策を考えねば.
やっぱり練習を重ねていくにあたってpower dataは欲しい.
トレーニング状況を管理しやすいというのが一番かな,やっぱり.

だとすると,次は何を買うか…
PTもG3になって軽量化されたから,チョイスしだいで練習にもレースにも使うことができる.
ただ,レースにもとなるとやっぱりチューブラーが欲しくなる.
そうなると練習での使用がやや不安.
レースユースできるホイールはすでにクリンチャー・チューブラーともに1セットずつあるし.
うーん,却下.

ということでついにクランク型のパワーメーターを導入しよう.
SRM…信頼性は高いが,お値段も高い.バッテリ交換は基本的にドイツ送り.サポート体制は万全.
Cinqo…SRMと同じような方式(SRMの切れた特許を使っているみたい),お値段がSRMより安い.バッテリ交換はユーザーが簡単に可能.少しずつ実績を積み重ねている.

やっぱりお値段的にはCinqoが有力.
2012モデルはチェーンリング交換をしてもキャリブレーションの必要なし,精度も向上などなどいいことづくしな感じだったが,コンポをSRAM Redに統一する必要がある.
せっかく6770だし,チェーンリングを交換してしまうという手もあるが,まだまだ流通量も少なく,人柱になる勇気もない.

という流れから前モデルのS975を購入することに決定.
S975を使用して3-4年くらい経てば,新しいタイプのパワーメーターが普及してくるだろう.

パワーメーターに造詣が深い方からアドバイスをもらって,cyclepowermeter.comで購入する方向となる.
しかし,注文後のやりとりでやや時間がかかる.

注文したのはS975・BB2つ・スピードセンサー.
BBはスチールベアリングの安いタイプ.
長持ちはしないだろうということで2つ.
スピードセンサーはG様をすでに持っているが,ケイデンスと両用のため,単独のものが欲しいなということで.

注文した1日後くらいにショップから返信メールがあるが"TRADEBOX"と書かれているのみ.
うーん,なんのこっちゃ.
数日経っても音沙汰無いので,『今,どんな状況なの?』と問い合わせる.
もちろん拙い英語で.

そしたら,「今,本社からクランク取り寄せてるんだ.届いたら送るよ」なんて返信メールがきたので一安心.

その数日後,無事に通関の儀を終えて到着.
届いたのは東日本ロードクラシックの前日.
早く寝たい気持ちがあるが,コーフンを抑えきれずに開封.

・・・

クランクしか入ってねーぞ.

どうやら本社から届いたクランクをそのまま発送したらしい.

ショップに『BB2つとセンサー入ってないぞ.すぐ送ってくれ』メールを出す.

週明けに「ソーリー,忘れてたよ.しかし,センサーは在庫がないんだ.usedでよければ送ってあげるよ」的なメールが到着.
『usedは金とるの?』と聞くと,「タダでいいよ.注文したセンサーをキャンセルしてもいいよ」と返信が.

カード支払いだったので,返金がやや不安でもあるので,『新しいセンサーが届いたら送ってよ.』と返信.

それから待つこと数日,ようやく国際郵便が届く.
待ちわびてたぜ.
さっそく開封.

・・・

BB1個しか入ってねーぞ(センサーは入ってた).

ここまでくるとほんとにやれやれだぜ.
ひと通り揃ったことに対しては一安心だが.
呼吸を整えてから,『BB2個注文したのに1個しか入ってないぞ.新しいセンサーが入荷したら一緒に送ってくれ』のメールを出した.

てな感じで,てんやわんやな購入顛末.

ひとまずここまで.
ふぅ.
posted by hiropon at 21:25| 茨城 ☀| Comment(0) | パーツ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

はじめてのホイール組み_090508

固定ローラー専用で使ってたリアホイールをフロントホイールに組み直してみた。

なぜ、フロントかはそのうちわかると思います。


それはさておき、ホイール組みは初挑戦。
フロントなので難しくないラジアル組にしてみた。

使用物品は、

@リム:Mavic open pro 32H
PICT0004_1.jpg

Aハブ:HB-6600
PICT0001_1.jpg

Bスポーク:Dt Swiss champion 2.0mmブラック
PICT0002_1.jpg

Cニップル:元々のシルバーニップル代用
PICT0003_1.jpg

Dクイック:アルテハブ付属
PICT0005_1.jpg

こんな感じ。
総重量908g(クイック含)の若干鉄下駄的ホイール。

まぁ、練習用だしぃ、軽さは気にしてないしぃ、とりあえず組んでみたかったしぃって感じ。

工程に関してはラジアル組みということもあり、サクサクすすみ30分ちょいでとりあえず組み上がり。
PICT0006_1.jpg

ここまではマイドラ1本で作業できる。

あとは振れ取り。
こっから先は振れ取り台とニップル回し使わないと。

いやぁ、楽しみ楽しみ。
posted by hiropon at 22:36| ☔| Comment(0) | パーツ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。