2012年02月04日

Hi-bike周回コースLSDときどきスプリント

2月4日、Hi-bikeの周回コース練に参加。

メンバーは藤田選手、U田さん、ETメンバーは塚田さん、上野くん、伊藤さん、自分の計6人。
他にも筑波大や流経大の学生さんたちもきて大人数となった。
周回コースでは学生さんたちと別れて実施。

藤田選手からの提案でLSDときどきスプリント練なメニュー。
周回コースは阿見町の1周5.5kmを10周。
3・4・6・7・9・10周回目に250mのスプリント区間を設定、その他はLSDペースというもの。
スプリント区間はペアあるいは3人くらいで先行・後行を決めて、先行は合図と共に加速してスプリントをかけ、後行は先行についていきまくりをかける。先行はまくられないように逃げ切る練習。
基本一対一となるので、より勝負として盛り上がる。
そして、相手の裏をかいたりするのではなく、合図と共にスプリント開始なので正々堂々と勝負といった感じ。
一人じゃ絶対できない練習。
提案してくれた藤田選手、そういった練習ができる環境が嬉しい。
しかし、こういったスプリント練習は初めてやるので、どうなることやら…といった感じで臨んだ。

3周回目はU田さんとのペアで先行。脚はフレッシュなのでもがきにもがくが最後に差し切られる。
4周回目はU田さんとのペアで後行。U田さんの加速について、ゴール手前でまくる。
6周回目は上野くんとのペアで後行。上野くんの加速が速いがついていって、ゴール手前でまくる。
7周回目は上野くんとのペアで先行。少しずつ脚が削れており、全力でもがくが加速が不十分であっという間にまくられる。
9周目回は上野くん・藤田選手・塚田さんと4人で一番後ろ。前ペアと混同したため少し落としてまくらずに終わる。
10周回目は伊藤さんとのペアで先行。脚はかなり削れており、早い段階でまくられる。

後行からのまくりはできるが、先行逃げ切りができない。
あと距離に応じて段階的にペースアップできないことや、距離にあわせてもがききることができずにタレて終わってしまう。
もがいている最中にカラダがブレまくってエネルギーロスが多い。
そして、何よりスプリント力がない。
一応、kwは出たが出ただけという感じ。

課題はまだまだ山積みだ。
それでも1月のベース作りの成果が多少は出ていた感じがする。

周回コース終了後、久しぶりに会った流経大のSくんと近況を聞いたりする。
筑波大の学生さんも挨拶に来てくれたりして…同じ自転車乗りとしてとても清々しい気分になった。

ショップに戻ってからは少し話して帰宅。
そして、再度ショップに行ってRDのケーブルの交換と新たな相棒パナ雄さんを組んでもらった。


【データ】
走行距離:112.5km
獲得標高:448m
消費熱量:2190kj
BikeScore:214
posted by hiropon at 21:51| 茨城 ☀| Comment(0) | トレーニング記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。