2008年12月06日

ぽちっとな第一弾A_081205

@の続き…


関税:国内産業の保護を目的として又は財政上の理由から、輸入貨物に対して課される税金で、間接消費税に分類される。(Wikipedia)

考えてもなかった。
ということで、お決まりのネットで情報収集。

どうやら、@自転車パーツは関税はかからないらしい、A衣類はかかるよう、B混載の場合は税関の担当者次第などのよう。
あとは総額10万円以上の購入に関しては一般の関税率がかかるとか。

今回の注文はBの混載なので、まずは担当者次第。
担当者のさじ加減で関税がかかるかどうかが決まるなんて、なんといういい加減な仕事なんだ!
そして総額もそこそこいったので一般の関税率が適用されるのだろうか。

様々な憶測を呼びつつ、追跡HPを確認するも一向に通関せず。
こりゃー、けっこう時間かかるかなと思いきや、

detail02.jpg

通関検査待ちから発送への流れ…いまかいまかと待っていた。
11/26に注文して、12/5に受取。
その間約10日。国外からの買い物では上々過ぎる速さ。

そして、運命の税の支払い。

郵便局からの不在者通知に税付4800円との記載。
これだけで済めばいいなぁと思いつつ、郵便局へ向かった。

郵便局では↓こんな紙を見せられた。
DVC00102.JPG

中身を読んでみると、
@今回の商品(CYCLING GOODS)はDUTY FREE GOODSのため関税ゼロ。おーラッキー。
A消費税が4%(←なぜに4%??)かかり3720円。
 この4%はおそらく購入金額の6割に対してかかったもの。
B地方消費税が925円。
 この根拠はまったくの謎。わけわからん。
以上の3720+925=4645円が何故か端数処理されて4600円。
通関手数料の200円が加算され4800円となった様子。

いま一つよくわからないけど、自転車関連に関してはどうやらかからないみたい。一度に買いすぎなければ一般関税率の適用もないだろう。
海外で購入したものに消費税がかかるのは?。


ということで、届いた荷物はこれ。
DVC00101.JPG

紳士の国にしては梱包が雑。
中を見てさらにびっくり。
商品ゴチャゴチャで、ひどいものは箱から飛び出してダンボの底に転がってた。
きっと、長旅で商品とは言え羽を伸ばしたかったんだろう…。

ダンボの脇には発送の詳細を記した紙1枚とINVOICE(注文書)が何故か4枚…こんなにいらねーし。

頼んだ商品は間違えなく全て入ってた。
ここらへんは紳士的。

そして、なぜかフラットバーのハンドルが1本混入。
DVC00112.JPG

ミス?それともおまけ??
英国紳士、ますますわからん。
メールで問い合わせるのも英語だし面倒なのでもらっておこう。

とりあえず、第一弾ぽちっとなは終了。
無事届いたことにひとまず安心。
あとは明細の金額が購入金額とあってることだけ。
posted by hiropon at 00:38| ☔| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
消費税の内訳は、
・消費税:4%
・地方消費税:消費税の25% (=1%)
で、計5%ですよ〜。
Posted by Tom at 2008年12月16日 22:48
【Tomさん】
へぇ〜、そういう内訳になってるんですか。
勉強になりました。
ありがとうございます。
Posted by asaoka at 2008年12月17日 15:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。