2008年12月06日

ぽちっとな第一弾@_081205

仕事を終え帰宅すると、PCの机に郵便局からの不在者通知の紙が。

キターーーーーーーっっ!!!!!!!!

ついに、ついに第一弾が届いた。と言ってもまだ手元にはないけど。
帰宅した時間が8時過ぎだったため、当日の再配送は無理のため10時過ぎに郵便局まで受け取りに行ってきた。
不在者通知を渡してしばし待機し…ついに第一弾を手中に収めた。


買った中身は後にして、今回のぽちっとなに至った経緯を…

夕食後の自転車関連のネットサーフィンは毎日しているわけで、そのなかから欧州での自転車関連の買い物がいいという情報をキャッチ。

なぜ欧州って?

そう、現在円高トレンド。

世界の経済が大きく下方に傾いている中、急速に円高が進んできててドルだけでなくユーロやポンドもかなり安くなってきてる。
その中でもポンドがかなり落ちてる様子。

ということで霧の都のある英国のショップサイトを覗いてみた。
いくつか見た中で、たいていのショップは世界への配送を可能としており、表示も慣れないポンドから日本円に換算してくれるため値段の比較がしやすい。

日本円換算して見てみると…安い!安すぎる!!
日本製のコンポーネントも国内では高級品に位置づけされているウェアも比較にならないくらい安い。
しかも、送料はある程度の買い物で無料になるおまけつき。

うーん…そそられる。
しかし、疑問点も浮上。

 その1:なぜこんなにも安い?
 その2:ようは個人輸入となる。不安は?
 その3:このショップ、信用できる?   などなど

その不安を解消すべく、ネットサーフィンを続け安心材料を揃え、購入しようと決意。

さぁ、いつ購入するか。
英国での買い物となるため、基本はポンド。
ポンド円のレートによって、支払金額は変動する。

うーん、いつが買い時なんだろう。
数日にわたってサイトを見てて、前日のレートを採用していることに気づいた。
ってことは、ポンドが安くなった日の翌日に注文すれば比較的支払金額も少なくて済むってことだ。
ということで、久しぶりにポンド円のローソクチャートを見つつ、ショップのサイトで商品金額をチェック。
ただ、レートばかり気にしていて欲しい商品が欠品したらどうしようもない。
ある程度の勢いが大事、と思いポンドが落ちた翌日を狙ってぽちっとした。

ユーザー登録を済ませ、購入手続きをし、決済を済ませる。
すべてが英語。
たいした英語力もないながらも、ニュアンスを読み取り乗り切った感。
初めて英語での住所の書き方を知った。

決済を済ませた後、サイトから確認のメール。
オーダーして2日後位に、『OrderID○○○ Complete』というタイトルのメールが届く。
おぉっ!!ついに品がそろったな。
コンプリートってなんかいい表現。
あとは届くまで待つのみ……
配送IDを教えてくれるので、国際郵便でも●猫ヤマトみたく商品の物流の追跡をすることができるようで、さっそく郵政のHPで確認。

detail01.jpg

↑こういうの見ると遥か遠く英国から小生の手元に向かって自転車パーツが飛来してきてるんだなぁと感じる。


この追跡を見て、ふっと頭に2つの文字がよぎった。

『関・税』

まったく考えてなかった…

関税を忘れたらいかんぜい、などとしょーもないことを思いつつもありえない金額請求されたらなどと不安になる。

いったい、どうなるんだろう?



Aに続く…
posted by hiropon at 00:04| ☔| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。